車内をキレイに保つために、カーコーティングだけじゃなく除菌対策も重要!

query_builder 2023/06/25 カーコーティング




車内をキレイに保つためには、カーコーティングだけでなく除菌対策も重要です。最近では、新型コロナウイルスの流行を受けて、車内の除菌がますます注目されています。除菌対策とは、車内に付着したウィルス、菌、カビなどの微生物を取り除くことです。除菌対策の方法としては、除菌スプレーやウェットティッシュを使う方法があります。これらを定期的に使用することで、車内の雑菌を減らし、清潔な環境を保つことができます。カーコーティングと除菌対策の違いは、カーコーティングが、車両の外側を保護し光沢を出すための施工であるのに対し、除菌対策は、車内の清潔を保つための対策という点にあります。また、車内が菌だらけになる原因として、ペットの毛、汗、食べこぼしなどが挙げられます。これらに対しては、除菌対策の実施や、車内の掃除を徹底することが効果的です。除菌スプレーとしては、アルコール成分を含むものや、次亜塩素酸ナトリウムが効果的なものがあります。一方、カーコーティングと除菌対策、どちらが先だということはないですが、車両が新しく、カーコーティングを施工したばかりでも、定期的な除菌対策は必要不可欠です。

除菌対策ってどうすればいいの?

車内を清潔に保ち、快適なドライブを楽しむために、カーコーティングだけでなく除菌対策も重要です。そこで、除菌対策にはどのような方法があるのかをご紹介します。

まずは、定期的に換気をすることが大切です。車内の空気を入れ替えることで、空気中に含まれるウイルスや菌を減らすことができます。

次に、アルコール製剤や次亜塩素酸ナトリウムを使用したクリーニングが有効です。適切なアルコール濃度を含んだ製品を使用することで、ウイルスや菌を除菌することができます。

また、エアコンフィルターの清掃も重要です。エアコンフィルターには、空気中のウイルスや菌が付着してしまうことがあります。定期的に清掃することで、車内の空気環境を改善することができます。

以上の方法を取り入れることで、車内の除菌対策を行うことができます。カーコーティングで車体を保護することと合わせて、車内の清潔さを保ち、健康的なドライブを楽しんでください。

カーコーティングと除菌対策の違いとは

車は日々、外気や人の出入りによって様々な汚れやバクテリアが車内に入り込んできます。車内を清潔に保つためには、カーコーティングと除菌対策が重要です。

まず、カーコーティングは車の外装を保護するための塗装剤を塗ることで、傷や汚れ、紫外線から車を守ります。一方、除菌対策は車内に付着した菌やウイルスを除去するための取り組みです。

カーコーティングと除菌対策の違いは、目的や施工方法にあります。カーコーティングは、車の美観や保護を目的にするため、ボディ全体に塗装剤を塗ることで行われます。一方、除菌対策は車内に存在するバクテリアを除去するため、シートやダッシュボード、各種ボタンなどのパーツに専用の除菌剤を塗布して除菌します。

加えて、除菌対策は定期的に行うことが重要です。車内に入ってくる風や、汗や唾液などの体液から付着した菌やウイルスは、日々残留しているため、常に除去しなければいけません。また、現在はCOVID-19のような感染症が蔓延しているため、これまで以上に車内の除菌が必要不可欠となっています。

車を長く美しく維持するためには、カーコーティングと除菌対策の両方が欠かせません。定期的な施工と手入れで、車内だけでなく外装も清潔に保つことができます。

車内が菌だらけになる原因と対策

普段の生活や外出中、私たちはさまざまな場所で菌やウイルスに触れています。その中で車に乗ることも一つの要因となります。特に、車内は密閉された空間であり、菌やウイルスが蓄積されやすく、また感染リスクも高まっています。車内が菌だらけになる主な原因としては、以下の点が考えられます。

・外から付着してくるホコリや微粒子

・汗や皮脂、食べかす、ペットの毛など

・マットやシート内の湿気やカビ

以上のような要因が重なり、車内は菌やウイルスの温床となっているのです。こうした問題に対策するためには、以下の方法が挙げられます。

・定期的な掃除と清掃

・除菌スプレーの使用

・エアコンフィルターの交換

定期的な掃除と清掃により、車内に付着したホコリや汚れを取り除くことができます。また、除菌スプレーを使用することにより、車内の菌やウイルスを除去することができます。さらに、エアコンフィルターの交換は、車内の空気を循環させる上で欠かせないものです。こうした対策を行うことで、車内の菌やウイルスの繁殖を防ぎ、快適なドライブを実現することができます。

ただし、こうした対策だけでなく、カーコーティングも重要な役割を果たしています。カーコーティングにより、車体表面に付着する微粒子や汚れを弾き、車内の清潔を保つことができます。また、カーコーティングにより、車体表面を保護するため、車の寿命を延ばすことができます。

以上のように、車内の菌やウイルスに対しては、定期的な対策が必要です。車内を清潔に保つためには、除菌対策とカーコーティングの両方が重要であると言えます。

除菌スプレーの活用法とおすすめ商品

車は、外出先での移動手段として最も多く利用される乗り物のひとつです。そのため、車内にはさまざまな汚れやバクテリアが付着してしまいがちです。車内をキレイに保つために、カーコーティングだけでなく、除菌対策も欠かせません。

除菌スプレーを使用することで、車内のバクテリアを効果的に除菌することができます。活用法としては、まず車内を掃除した後、シートやハンドル、ドアノブ、エアコン、カーペットなど、バクテリアが付着しやすい箇所に吹きかけることがおすすめです。ただし、乾燥させなければならないため、スプレーを噴いた後はしっかりと乾かしましょう。

また、おすすめの除菌スプレーとしては、アルコールや防腐剤を使用していない、自然成分を配合したものがあります。これらは、手肌に優しい点が特徴です。また、アロマ成分を含んでいるものもあり、車内に香りを楽しむことができます。

ただし、除菌スプレーはあくまでも一時的な対策であり、定期的な掃除や換気も大切になってきます。車内を清潔に保ち、バクテリアの繁殖を防ぐためにも、除菌スプレーを活用し、日々の手入れを心がけましょう。

除菌スプレーの注意点

車内除菌を行う上で注意しなければならない点が、レザーシートの場合です。アルコールタイプの除菌スプレーは簡単に車内の除菌を行うことができますが、レザー素材に対してはアルコールの塗布は控えてください。


革製品にアルコールが付着すると、革の塗料を溶かしたり、揮発する際革に重要な油分までも一緒に除去をしてしまい、白くボケたり革が硬化しひび割れの原因にもなりかねます。


よって車内の除菌を行う際は、それぞれの部品の素材をしっかりと確認をし、行うことが重要です。

もし心配であれば、カーコーティング専門店でも車内除菌を取り扱っている店舗がございますので、調べてみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------------------

TOP LINE

住所:千葉県我孫子市寿2-27-42

----------------------------------------------------------------------